FC2ブログ

自動演奏に思う

昨年末、島村楽器でスタインウェイの自動演奏SPIRIOを見学に行った.

このSPIRIOという自動演奏は、一流ピアニストの動き、鍵盤の叩くスピード、長さ、レガートやスタッカート、ペダルの動き等々を今までにない精度で計測、それをデジタル化しタブレットに格納.

タブレットからブルートゥース(無線)でピアノに伝達、鍵盤の下にある磁石等で演奏を忠実に再現するとのこと.

スピーカで再生されるのではなく、実際に鍵盤を叩くことによる生のスタインウェイの迫力に圧倒された.

もうこれから一流ピアニストも要らなくなるのでは思われるほどである. ただ値段は1300万円もする.それなら私のような初心者ピアニストの方が遥かに安く希少価値があるのかも?

 いつの日か、AIによる作曲、AIによる自動演奏、それをうっとり聞くAIロボット、なんて言う時代が来るのかも、何か違和感がありますね!

スポンサーサイト

卒業するっていいことなのか?

ここ数年、っと言ってもたかが3年、それでも次々に新たな曲に挑戦、それでレッスンで卒業するとそれなりにものすごく前進したような気がしていた.

そして次の曲にチャレンジ、ただ残念ながら卒業した曲はその日から弾かなくなり、結局忘れてしまう.

そんな繰り返しの3年間、結局自分のレパートリというのが一つもないことにちょっとおかしいかもと最近思うようになった.

今の課題曲、ショパンのノクターン20番、今日は4回目のレッスン、 卒業を狙ってものすごく練習した.  目を閉じても弾けることも目指して練習した.

だけど思ったのだが、安易に卒業するより、出来なくて徹底的にその曲をマスターした方がいいのではと思うようになる. だから、今日は卒業出来なくてもいいかも、だけど今年は最後、やっぱり卒業を目指したい、そのためここ数日かなり練習する、昨日はピアノルームをレンタルして猛練習、満を持して今日のレッスンに挑むことにした.

今日当日、何とレッスン時間を間違えて、あえなくパス. また来年に期待することにしました.


次の大物曲 「歌の翼に」 にチャレンジ

ショパンのノクターン20番のあと、 この 「歌の翼に」 にトライすることに決めた. 

最初に楽譜を見て、自分には到底無理かと思えたのだが、ショコラさんの激励もあって、取り敢えずチャレンジし始めた. それで何とかなるのかもという想いで本格的に取り組む.

確かに大変、 それそれ指によって音の長さが違う、右手も左手も、付点四分音符や4分音符.八分音符等々様々、そんな中でスタッカートやスラーも混じる、その中でメロディーを奏でる難しさ. もう大変.

指使いも楽譜通りにはなかなか弾けない. 間違っているのではと思い、店で他のスコアを見ても同じ指使い、 こんなふうにはいかないので、もう自分勝手でやっていくことにする.

そんなことで楽譜の暗譜も大変. それでも弾けることを夢見て、頑張っています.

演奏(動画)のための道具

ピアノ演奏のための道具類、 最後の3点は、演奏の動画記録についてのもの、 当然ビデオカメラは必要、 音をキチンと録音するための録音機、その音を編集するためのソフト、そして動画と音声を合わせて編集できるソフトを挙げた. ご参考になれば.

 楽譜ファイル 
    楽譜ファイル  上下で止められるので、書込が出来る





ヘッドホン  ヘッドホン   電子ピアノのヘッドホンは一般のものとは異なるとのこと、何が違うのか分からないが、確かに音色はかなり違う.写真のものはヤマハのPro300という機種、最もピアノの音らしく聞こえる. 弾けなくてぶん投げたせいで満身創痍になったのではなく、普通に扱っていたのにいたるところにひび割れがでてきたのが欠点.


メトロノーム 
 メトロノーム    電子版を最初に買ったのだが、ヘッドホンをしていると聞こえにくい. そしで最近普通のものを買った. 目の片隅で振り子を確認できるのもよい.



MP3プレーヤ 

   MP3プレーヤ  簡単に録音できるのがよい





 録音機


Tascamの録音機、 評判がよい(購入予定)






AviUtil 


 動画編集ソフト(フリー)、演奏動画の編集に必須、かなりのことが出来る





Audacity   音声編集ソフト(フリー) 、 演奏音声をスムーズにつなぎ合わせることができる


和音を揃えるって、難しい

和音のポイントは同時性とバランスだとか. その同時性、これがかなり難しい. 
  
同時に弾いている積りでも、何かバラバラな感じがする. どれかの指がちょっと早いか、遅れているかで、何となく乱れて聞こえるのである.  特にP、PP になるとその乱れはさらにひどくなる. 時には、どれかが聞こえなくなったりする. 

また始末に終えないことにどの音符、あるいはどの指が犯人なのかが定かでない. 犯人が分かれば何とかの仕様もあるのだが.それが分からないから、どうやって直していくのかも分からない. 

それでも何回かやっていると同時に聞こえることもある、 ただその弾き方の違いが未だに分からなくて困っている. 

他に音のバランス、これは和音でもどれかの音を強めにするとかという技術だとか、まだまだ先の課題かと思っております.

プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム