FC2ブログ

和音を指に覚えさせるのは大変

前回、思いもかけずランゲの「花の歌」を卒業、それゆえ次回の課題曲が間に合わず難儀している.

次回は、アンドレギャニオンの「めぐり逢い」、 ゆっくりした曲なので、2週間あれば一応弾けるようになるかもと思いきや、それが思うようにならずあせっている.

特に和音が中々覚えられないのである.

一度に4つも5つも同時に弾く、これって中々大変、どうやって覚えられるのか、未だ分からない.

旋律は何となくドレミで覚えられて楽譜を見なくてもそれなりに弾けるのだが、和音は一挙に覚える音符が多すぎてそういう訳にはいかない.  不協和音があると何ゆえかもっと大変. 

あと一日しかない.  何とかなるのかなあ?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
スポンサーサイト

ショパン ノクターン 初日散々

 昨日は,ショパンのノクターンの初デビュー.それまでかなり練習してきた. そしてそれなりにかなり弾けるのではと期待していたのだが...
当日, レッスンのグランドピアノがひどかったせいもあったかも,だけどそれでも弾き間違いが,8箇所もあった.
 
 ショパンは同じような旋律が出てきてもそのたびに微妙に弾き方が違う. それはある程度分かっていたつもりだった. それで楽譜を何度もチェックしていてその違いも分かっていた積りだったのだが.
結果,8箇所もミスをしていた. よく見ると装飾音の入り方が違う,拍子がおかしい,♭2つが間違っている等々,散々な初日でした.  それにしてもよくそんなことが分かる先生に感心した.

楽譜を見るっていう意味が,今の自分にとって正直よく分からない. 楽譜を見ながら弾く指が全く連想出来ない. なんとなく漫然と見ているような感覚. 
楽譜を見るって,どういうことなんでしょうね???


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

グランドピアノにも様々?

 今日からレッスンを2週間に一回に変える.  一週間に一回は,練習が追いつかない.  たまに休みになると,昔の小学校時代,先生が休みで休校したそんな嬉しさを思い起こせた. 
 だけどやはり毎週はきつい,それで2週間に一度に変えてもらった,. 場所もそれゆえ移動,
 今日がその最初, そして面食らったのがピアノ, 全く響かないのである. それでもグランドピアノ,先生に聞くと今までより小型,そしてかなり古いとのこと, 今まではヤマハのC3というものだったが,弾いた感触がガーンと言った感じですごく響いていた, それがこのピアノ,ボーンといった響き,見ると今までより小型,なかなか響きを言葉では表せないが,同じメーカのグランドピアノと称するものでもこれだけ違うのかと思った.
こんなグランドピアノならNo more である.

幸い,苦闘していたランゲの「荒野のバラ」を卒業,今までの最長6回目でようやく,先生にあきらめていただいた結果?かと思う.
次回チャレンジはショパンのノクターン, 今年中に卒業できれば,と願っている.


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

続きを読む»

ピアノ交流会に参加

今日、ピアノ交流会に参加した。 同じような年頃の方が日頃のピアノ練習での悩みを交流する会、参加してみると、同じような悩みを抱えて、それでもピアノをこれからも続けようとされている、そんな方々がおられることにすごくはげまされた。 若かりし頃に感じた音楽とのふれあい、それが忘れられず今自ら演奏してみたい、そんな心意気が感じられた、そんな交流会でした。
 印象に残ったのは、講師の方の一言、ピアノ演奏は「時間」みたいのもの、元に戻れない、人前で演奏するようなときは、つっかえてちょっと戻ってということは許されない、その場から引き続けるしかない、そんな真剣勝負だとのこと。 
聞いている方も、引き直されると少し興ざめ、そのまま引き続ける、そんな訓練も大事だとのこと。まあ人前で弾けることのない自分には、関係ないかもと思う反面、いざ曲を弾くに当り、そんな弾く覚悟のようなものも大事かと思った今日の交流会でした、


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

続きを読む»

ミスタッチについて

 私のような初心者にとってミスタッチは最大の敵, あるピアニストが言われるのには,ミスタッチより音楽表現の方がはるかに大事 だとのこと. それでも何とかならないものかとひたすらエンドレスリピート練習を繰り返す.
 その解決策の一つとして最近,ブラインドタッチの練習を始める. 要は目で指を追って弾いていると,どうしても指感覚が養われなく,手のポジションもあやふや,そんな不安定な感覚で弾いているゆえミスタッチが起こるのではと思う.
ハノンの練習はそんな手や指の安定感を鍛えるのに向いているかと思割れる.

大竹道哉さんのブログによると, 「よりよい表現を目指している中で自然とミスタッチが減っていく」 のが理想だとのこと. 出来ればそんなふうになれれば最高だが?.

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム