FC2ブログ

経済の悪化と音楽は?

 経済が悪化すると真っ先に切られるのは、音楽を含めての芸術活動なのかも、 食物がないと生きていけないが、音楽がなくても生きて行ける、そうかも知れないが。 だけどほんにそうなのか、東北大震災で昔の演歌を聞いてそれで、生活を取り戻した方もいる。 音楽には生きる活力を生み出す、そんなパワーがあるのではないかと思う。 多少下手なピアノにもそんな力があればいいのですが?。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ショパンワルツ10番 少し前進

今日、TV番組、「題名のない音楽会」で世界一難しい打楽器インドのタブラが紹介されていた。 叩き方により音色、音程、響きが変わり、そしてそれぞれにおたまじゃくしに代わる名前がついているとのこと。それを口伝えで教えてもらって修業するという。 ピアノも大変だが、こちらはもっと難しいかと思った。 考えて見るとピアノも弦をハンマーで叩くので打楽器とも言えるそう、ただ弦で音を出すので打弦楽器とも言うそうである。 他にも鍵盤楽器とも、電子ピアノには弦がないのでどうなるのか? ピアノはピアノでいいのかも。

ややこしい話は別にして、現在七転八倒しているショパンワルツ10番、少しは前進したかと、まだ前半だけですがUPしました。
[広告] VPS


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

ブログのランキングに思う

何ゆえか、ピアノ初心者のブログで今は2位にランキング、それはそれでうれしいことなのだが、何で?という疑問はいつもある。 それほど自分のブログがおもしろいかと思うと、全く自信がない。訪問回数はたかだか一日多いときで十数くらい、それで週間アウトで、良くわからないが1000点以上のようなスコアついている。 

 何か得体の知れないところで、この順位付けがなされているような感じ、それで2位でもあまりピンとこないのである。 参加者数を考えれば、町内の運動会なのかも知れないが、それでも運動会の勝敗ははっきりしている。 それゆえこのブログの順位は何とも居心地がよくないのである。

数十年前の日本のオリンピック選考会、一部の有力者が密室で選考していたこともあったとか、ただ当時でもアメリカでは世界記録を持っていた選手でも選考会で敗れればオリンピックに行けなかった、そんな誰にでも分かる基準があった。

オリンピック選考会だけではなく、会社での人事評価、事業の入札評価、大学の入試発表等々、やっぱり一部の人の密室で決められるべきではないと思うのだが。

それで町内会ブログでも、それなりに順位基準が明確になった方が頑張りようがあるかと思ったりするのだが、いかがなものでしょうか?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

電子ピアノもそれなりに?

 私が最初にピアノに出会ったのは、小さな子ども時代でした、親戚の家に小さなおもちゃの卓上ピアノがあった。 これが好きで毎日たたいていた記憶がある。 そのうち ”ソ”の音が鳴らなくなった。 中を見ると、音を奏でる鉄の棒が折れていた。 何とか元につけられないかと思っていたころを思い出す。

それから数十年、子供に電子ピアノを買う。 当時の電子ピアノ、それはかなりひどく、とてもピアノと言えるような代物ではなかったように記憶している。

そしてここ数年、この電子ピアノが本物のピアノのようになってきたことに驚いた。 そしてこれなら、騒音問題のあるマンションでもピアノを楽しめて弾けるのでは、ということでピアノを始めた。 

その後、レッスンで弾くグランドピアノ、何かものすごく音が大きい、我が家の電子ピアノの方がはるかに綺麗な音がするように思ったりする。 先生とそんな話をすると、電子ピアノは誰が弾いてもそれなりにきれいに弾けるとのこと、グランドピアノは自らの音を聞きながらそれに常に反応していく、それがある意味、音楽性を養うのではとのこと、今日のレッスン始めの5分間の会話でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

何歳までピアノが弾けるか?

これは深刻な問題? 逆算したら、これから弾けるようになる (かも知れない?) 曲は、年数を考えるともうそんなにないかも知れない。

もしずーっとこれからも健康なら、何歳ぐらいまでピアノを弾けるのかと? ポ-ランドのミエチスラフ・ホルショフスキー、チェロのカザルスの共演者、100歳であのカーネギーホールで演奏したとのこと。またショパン弾きで有名なルービンシュタインは晩年の88歳まで演奏活動をされていたとのこと。 
ただ老いは頭だけでなく聴覚、視力、体力、そして気力まで衰えさせていくのかも知れない。 その反面、音楽はその意欲をもう一度掻き立てる、そんなすごい力があるかと、一瞬今の我を忘れさせ、その躍動感に歳を忘れ、そして新たにこれからチャレンジさせる、そんな力がピアノにあるかと。  そんなんでピアノを続けようと思っています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

意地になって練習 ショパンワルツ10番

前回レッスン。もうメチャクチャでした。

それなりにと臨んのだ積りだったが。そしてもっともひどいのが、下記の3重音、「そんな ガンガンガーン と弾くのではなく、(そんな積りはないのだが)、もっと歌うように弾くようにとのこと、だけどかなり力を入れて弾かないと音がバラバラになってしまう、それで力んでしまう。 そんなんで、今はもう意地になって、ここばっかりこれでもかというほど練習。それでも手が慣れない。 力が入る。 音がそろわない、ミスタッチも 等々、まだ光が見えない状況。 ピンチ、 これで折れてしまうと駄目なんでしょうね。

ショパンワルツ19番-1


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

音楽って歳を忘れさせてくれる?

sinnosuke55さんのブログ、「雨の訪問者」を聞いて、あの甘酸っぱい曲に、20歳代の自分を、そうそんな頃もあったのだという思いになりました。 ただ現実は何ともごまかしようがない、気力が衰え、何をするにもヨーシ、という想いでやっても一時間と持たない。 ただピアノに向かっているとき、何度繰返し練習しても一向に覚えてくれない頭と指にため息をつきながらも、それなりに若いころに戻ったような、そういうひとときがありました。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム