FC2ブログ

マイペンライというタイ語

この言葉、実にいい加減というかどうでもいいとか、気にしないというか、そんなふうにタイでは使われている。 sinnosuke55さんの「今来たところよ」 というブログを見て、昔を思い出しました。

もう数十年前の現役時代、タイの事業に携わっていたときのタイ人のいい加減さに辟易していた。 あるとき、タイの大学教授との会合予定、日本から飛行機を乗り継いで現地に着いてみるとその方は急用で会えないとのこと、その教授の秘書の言うのには先週その旨連絡したとのこと。 結局それをアレンジした当社タイ人のミス、 その時の彼の言い訳、「マイペンライ、マイペンライ」 と。 
 そんなこともあり、当初は頭に来ていたが、なぜかそれが次第に心地よくなってきたのである。
タイではよく沈没するということが聞かれる、日本管理社会で外れた人たちがここで生活してしまうことを意味するようだ。 それだけいろんな人を受け入れる、そんな包容力があるのかも。
新幹線が数秒単位で運行されている、それはそれで実に素晴らしいことと思うが、あるアジア人、それって「そんなに重要な
ことなの」と言われた。 文化の違いなのかも知れない。 5分ならいいか、10分、ウーーン、20分、何で、30分、いい加減にしろ。タイで学んだ自分も。まだまだ許容力が足りないのかも?・


続きを読む»

スポンサーサイト

渚のアデレーヌにチャレンジ

 無謀にも、次の課題曲に「渚のアデレーヌ」にチャレンジすることにした。

以前に挫折した曲。 ショパンワルツ10番のあとの、大物の曲として再度チャレンジする。

途中からすごく速くなる部分、結構苦労しているが、それでも不思議、重音よりもいいかも、少しづつ速く弾けるようになってきたように自分では感じている。

Youtubeで聞いていると(見ていると) 何となく指使いが違う。 いろいろ調べてみると結構、楽譜が異なっているようである。 それなら自分の好みというより、弾きやすく迫力あるのをと思って探している。

キャサリンロシンの「愛のテーマ」は幸い3週間でパス、次は日本唱歌「故郷」、その次が「渚のアデレーヌ」の予定で現在、格闘中です。

緊張すること

 昨日、コナミ東日本の水泳大会に参加した。

やはりスタートのときにはかなり緊張する。 今年は前日、コーチからそのターンでは失格するよ、と言われた。それで急遽、修正練習。 失格だけは避けたかったので前半はスローペース、そしてターン成功、後半は全力、結果は50mバック、3位。

緊張って、どうもマイナスイメージが強い、ピアノ発表会で緊張しないようにするのにはどうすればいいのか、等々。 だけど考えようによっては、緊張するからこそ集中力が高まり、成功する可能性も高まるのかも。 到底不可能なことにチャレンジしても緊張はしないのではないか。 やっぱり、これなら行けるかもと思うゆえ緊張する、 よーし、緊張してきた、これだ! と思うようになること、それが大事なのかも。

先生から最近ピアノ発表会に出ればと言われている。 そして、やっぱり(超緊張するため)遠慮しておきます、と答えている。 言行不一致かも?

<a href="http://classic.blogmura.com/beginnerpianist/ranking.html" target="_blank"><img src="http://classic.blogmura.com/beginnerpianist/img/beginnerpianist88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ"></a><br><a href="http://classic.blogmura.com/beginnerpianist/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a>

続きを読む»

プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム