FC2ブログ

早い曲、何回ぐらい練習すればマスターできるのか?

 「渚のアデリーヌ」、何とか32分音符も弾けるようになる、まだ卒業していないが、次の大物の曲「乙女の祈り」にチャレンジすることにした。 最初から主として第2パートの超早い指回しのところを集中的に練習。というのもここが弾けなければいずれ中断になるのは目に見えている。 それで出だしの、シ♭ソシ♭、ミ♭ソシ♭、ミ♭ソシ♭~ ばかりを練習。ここ数日、一向に進歩せず。それでどなたかのブログで苦手なところは一日千回練習したとの記事を読み、自らの努力不足を反省。それで今日は何度も繰返し練習にトライ、それでも350回、少しはなめらかになったかというぐらで、完成度はまだまだ。 明日は500回を目指す。そんな取り組みを今年、最後に頑張っています。


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

続きを読む»

スポンサーサイト

電子ピアノ 問題かも?

今日はレッスンがないので、ピアノ室を借りて練習した。 30分で800円ぐらい。

今の課題曲、渚のアデリーヌ を練習。 
 そして驚いたことに、32分音符が電子ピアノより綺麗に弾けるのである。 何というかそれぞれの音が同じように弾いていても、グランドピアノの方が一つ一つの音が明確に聞こえる。 電子ピアノでは音がくぐもって、それぞれがクリアに聞こえない。鍵盤のタッチと音のレスポンスが全く違う。 

 今まで、先生のレッスンでグランドピアノの音の大きさに面食らってうまく弾けなかったことがよくあった。 当時、グランドピアノは音が大きいだけで、決していい音とは思えなかった。もっと言えば、電子ピアノの方がもっといい音かと思っていた。

今日は先生のいない自習レッスン、グランドピアノの魅力を垣間見た瞬間でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

続きを読む»

今年を振り返って

今年1年、一応卒業した曲は、以下の通り  

1. エリーゼのために   最初はとても弾けないと思った曲
 2. ショパンのワルツ19番   簡単そうに見えて結構苦労した
3. シューマンのメロディー   余り覚えていない
 4. Summer's Dream  キャサリンロリンのいい曲 
5. 悲歌        これもキャサリンロリンの名曲 
6. Waltz by the Stream  Steve Raiman の曲
7. ギロックの秋のスケッチ  これは好きな曲の一つ 
8. ショパンのプレリュード   作品28ー7 半ページの短い曲だがすごくいい曲 
9. ショパンのワルツ10番   最も苦労した曲でもある 
10. 愛のテーマ      キャサリンロリンの曲 
11. ふるさと      唱歌 
12. 渚のアデリーヌ    現在、特訓中  

ピアノの魅力、何といってもその一番は素晴らしい曲に次々と出会えること。 そしてそれを自ら弾けるようになったと思える、そんなときが忘れられず、来年もまた頑張りたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

続きを読む»

練習時間 30分?

渚のアデリーヌ 2回目のレッスン、先週、山ほど間違っていたが、今回はそのミスはなくなった。 ただ内容はまだまだ、やはり32分音符は大変、早過ぎると指がもつれて、音がそろわなくなる。 先生からもうちょっとゆっくり、そして音をキチンと出した方が早く聞こえるとのこと。

今日のレッスンは今年の最後、やった! これで次回のレッスンまでに3週間ある。 今日はこれで練習はお休み。 やはり1週
間隔は短か過ぎかと思っている。

そして、一回の練習時間、どのくらいが適当なのか。 今までは大体1時間にしていた。 それが何となく億劫になってきた。 時には途中で眠くなってきたり、そんなときはいつまでやっても成果が上がらない。 1時間はちょっと長いかも。それで最近は30分にしている。 これだと集中力が途切れない。 興に乗れば、40分、50分一時間と続ける。 とにかく30分は集中する。これだとそんなに難しく続けられそうな感触を得ている最近です。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

渚のアデリーヌ デビュー

 昨日、デビュー。

結果は散々。 ミスタッチ? それも思ったよりあったが、それ以前に、楽譜通りに弾いていないところが何箇所もあった。 さすがピアノの先生、よく分かるなあと感心する。

私自身の練習のやり方のまずさもある。 最初は当然のことながら楽譜を一生懸命に読み、指使いを練習する。 ただ一度覚えてしまうとそのあと、ほとんど楽譜を見なくなる。 一旦誤って記憶するとその誤ったままで何度も練習してしまう。 先生に楽譜を指差してここが間違っていると言われても、日頃楽譜を見ないものだから一体どこが間違っているのか直ぐに理解できない。 一回のレッスン30分、最初の雑談10分、バーナムの基礎練習10分、渚のアデリーヌ 10分、2回も弾ける時間がなく終了。

そんな「渚のアデリーヌ」 レッスン初日でした。 一からやり直しです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

続きを読む»

プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム