FC2ブログ

ピアノレッスンという拷問

この衝撃的なタイトルは、フランスで話題になっている本の副題、正式なタイトルは, "父の逸脱",  娘のピアノ教育に熱心の余り、体罰、食事抜き、暴言等を繰り返す児童虐待の実態が、生々しく描かれている。

著者はセリーヌ ラファエル、自らの子供のときの体験を記録した実話である。

彼女は、今や超有名になったランランや、辻井伸行らと国際ピアノコンクールに参加、優秀な成績を納めた。 それがさらに父親自身、自らの教育方針への信念を強くしたようである。

その著書の中で次のような一説があり、少し心休まるのである。

"ピアノは、ピアノを弾いて楽しみたいと思う人が楽しむために弾くもの"

今、子供の結婚式のためハワイに来ている。 そのついでに2週間ほどのんびり旅行、そのとき読んだ本である。

今日帰国、明日から自ら楽しむためのピアノレッスンを、再開します。





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
スポンサーサイト

ピアノを愉しむ

 この2年半、ひたすら新たな曲に挑戦してきた. そして既に30曲以上になったのだが、気がついてみると、そのどれも今は弾けないのである.  一応弾けるようになった曲はそれなりの自分の財産、それが弾けないのは、自分のものになっていない、 何のためのこれまでの努力かと、考えさせられた.
 それで今年からはせっかく、弾けた曲をさらに磨きをかける といえば格好いいのだが、愉しめたらといいかと思い、 再度チャレンジしている.
 それで、 ノスタルジー、 ノクターン、乙女の祈り 等を順繰りに毎日弾いて、間違っても意に介せず、愉しむようにしております.


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

自分の弾ける曲を

今年は今まで弾けていた?と思われる好きな曲を、出来れば自分のレパートリーにしたいというのが目標です. 昨年暮れ、ピアノ座談会に出席、そこで話題になったのは、この曲が弾けるようになったと言える、 それはどこまで弾けるようなったことなのか、取り敢えず弾けること、全くミスがなくなること、自ら納得出来るまでということ、それはプロでも結構難しい、そんなことを話し合っていました. 確かに自らの演奏を自分でもなかなか満足出来ない、そんなことを思う一方、いつか自分のものにする、そんなチャレンジを今年はしてみようかと思っております. にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム