FC2ブログ

生ピアノと電子ピアノ そしてハイブリッドピアノ?

子供が小さい時、ピアノを買った。 と言っても電子ピアノ。 いつまで続くか分からないので安いのにすませた。

 その頃の電子ピアノはかなりひどかった。 全くの電子音、ツーという音色。音は適度に雑音が入った方が人には心地よく響くとのこと。それが音色ということのようである。

ラ の音の周波数は660Hz、これだけを聞くと、ラジオの時刻を通知する、つー、つー、つーーという音。 余り純粋な(一つの周波数のみの)音は、人にかえって不快に聞こえる。それでその雑音の混ざり方によって同じ音程でも、フルートやギター、ピアノの音になったりするという。 

音の3元素、周波数、振幅、波形 この3番目の波形が、楽器の種類だけでなく、同じ楽器でも音色が異なってくる。 (波形って簡単に言うと、基本の音に、いろんな大きさの周波数成分いわゆる雑音がまざりあった音の形)

そこで生ピアノと電子ピアノの違いを考えてみた。

生ピアノは人の指の動きから伝わったハンマーが弦をたたく、その叩き方の違い、強さや時間、またその時のペダルの踏み方で隣にある弦の共鳴の仕方も影響される。 つまり弾き方によって音色がかなり異なるのではと思う。

一方、電子ピアノ。センサの強さを電子的に感知し、予め記憶された音源をその強さによって変化させるだけ?では。 つまり波形はあまり変わらないのではと思う。 叩き方の強さや時間等をセンシング(感知)して、それに応じてかなりの種類の波形の音源を準備するのはかなり難しいかと思える。

それゆえ電子ピアノは弾き方によって、余り変わらない、言い方を変えると初心者でも弾き方に左右されずきれいな音が出せるが、プロを目指す人には表現力にかけると言われる要因ではないかと思う。

何故こんなことを思ったのかというと、ヤマハアヴァングランドピアノを買うに当り、そのグランドピアノタッチが結局、センシング技術、音源の制約等でタッチが音に反映されないのではないかと思ったからでもある。 もっともその技術に達するまではあと十年以上かかることはさしおいても。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nasee

Author:nasee
60歳代からピアノを始めました.

これからピアノを生涯の友にしょうと思っております。

趣味は音楽以外、水泳、海外旅行、登山、読書、PC、DIY等々、水泳は始めて既に7年ぐらい. 一応4種目泳げるようになりました. 長距離もクロールで1000m以上達成.

毎年,海外旅行するのが楽しみ.ほぼ1ヵ月ぐらい放浪します.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ショパンを弾けるようになりたいピアノ初心者
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム